20代独身女性に必要な保険の種類

独身女性の医療保険|保険のアドバイザーに無料相談できるサービス

20代独身女性に必要な保険の種類

20代独身女性に必要な保険の種類

生命保険には保障内容や目的によって、死亡保険、養老保険、年金保険などさまざまな種類に分かれます。

例えば、「死亡保険」は、残された遺族の生活を保障する保険のことです。
皆さんがイメージする、もっともメジャーな生命保険です。
被保険者が死亡した場合や、高度障害になった場合に保険金が支払われるものです。

 

 

「養老保険」は遺族への備えと、貯蓄の両方が準備できる保険です。
被保険者が保険期間に死亡した場合には死亡保険金が、
無事に満期を迎えた場合には、死亡保険金と同額の保険金が支払われます。
死亡保障と貯蓄の両方の機能があるため、死亡保険と比べると保険料は割高になる傾向があります。

 

 

「個人年金保険」は老後の生活資金を準備するための保険で、
一生涯年金を受け取るものや、あらかじめ決めた期間のみ受け取れるものがあります。

 

 

20代の女性に必要な保険の種類としては、
扶養家族がいないのであれば、大きな死亡保障は必要ないので、
死亡保険や養老保険は不要でしょう。

 

 

それよりもケガや病気に備えて医療保険へ入ることをオススメします。
医療保険は、病気やケガなどで入院したり、保険会社所定の手術をした場合に
給付金を受け取ることができる保険です。
最近では女性特有の疾病に手厚い医療保険もあります。
妊娠中には入れない保険が多いので、結婚、妊娠を意識している方は、
結婚前に入ることをオススメします。

 

 

そのほかに20代の女性に必要な保険の種類として、個人年金保険や介護保険があります。
個人年金保険は老後の生活資金を得るための保険なので、
20代で老後なんて早いと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、
実は、個人年金保険は、40代、50代で加入すると
毎月の保険料が数万円になってしまうこともあるのです。
若いうちに加入することをオススメします。
介護保険は、2012年1月からの生命保険料控除制度の改正で、
4万円を上限に所得控除の対象になったことを受け、
生命保険会社各社が介護保険商品を相次いで発売しています。
気になる方は是非検討してみるといいでしょう。

 

 

保険は勧められるまま入ると、保険に”入りすぎてしまう”ので、
自分に必要な保障を見極めて、加入するようにしましょう。

 

 

保険会社に問い合わせると勧誘がしつこい・・・。中立の保険のアドバイザーに相談で解決!

保険の無料相談|保険のFPのアドバイスで悩み解消

 

独身女性 保険料の相場 独身女性に必要な保険の種類 無料資料請求 保険の無料相談