20代独身女性 医療保険 掛け捨て

独身女性の医療保険|保険のアドバイザーに無料相談できるサービス

20代独身女性の医療保険|掛け捨てはいいの?

医療保険には掛け捨てと貯蓄型とがあります。
掛け捨てとは、ケガや病気にかかることがなく保険金の受け取りがない場合や、
解約した場合には、それまでに支払った保険料が戻ってこない(掛け捨てになる)保険のことです。
満期を迎えた時の満期保険金も基本的にはありません。
貯蓄型とは、解約時に返戻金として支払った保険料の一部が戻ってくる保険のことです。
満期を迎えた場合には、満期保険金が支払われます。

 

 

掛け捨てのメリットは、解約返戻金や満期保険金といった貯蓄部分がない分、保険料が安いことです。
20代独身女性は、まだまだ自分自身にお金を投資したい時期。
貯蓄もたくさんはないと思うので、保険料を抑えて貯蓄に回したいところです。
貯蓄型保険と比べて、安い保険料で大きな保障が得られるのはとても魅力的ですよね。
また、解約時にもらえるお金が無い分、いつでも解約ができます。
他の保険に切り替えるときには、またその時の自分にあった保障内容を選ぶことができるのです。

 

 

一方、貯蓄型のメリットは死亡した場合には保険金が、満期を迎えた場合には満期保険金が支払われるだけでなく、
解約時も返戻金として支払った保険料の一部が戻ってくることです。
ただ、ここで注意して欲しいのは、支払った保険料の全てが貯蓄になる訳ではないことです。
実は、貯蓄型の保険にも掛け捨てになる部分が存在します。
貯蓄型保険の構成は基本的に三つに分かれています。
一つ目が貯蓄部分。二つ目は保険部分。三つ目は、保険会社の経費です。
この三つ目が実質の掛け捨てになる部分です。
掛け捨てになる部分が必ずある仕組みになっていること、
なかには途中解約をすると元本割れをする保険もあることを考えると、
20代独身女性には、掛け捨てがオススメです。

 

 

どの掛け捨て保険が自分に合っているの?

保険の無料相談|保険のFPのアドバイスで悩み解消

 

 

独身女性 保険料の相場 独身女性に必要な保険の種類 無料資料請求 保険の無料相談