女性 医療保険 フェミニーヌ

独身女性の医療保険|保険のアドバイザーに無料相談できるサービス

女性の医療保険 フェミニーヌの特徴

女性,医療保険,フェミニーヌ

20代〜30代は女性特有の病気である、乳がんや子宮がんのリスクが高まる時期です。

働き始めてまだ貯蓄が多くない世代だからこそ、しっかりと保険で備えておきたいもの。

 

 

 

女性の病気の手厚い保障の保険

NKSJひまわり生命のフェミニーヌは、女性特有の病気に手厚い、女性のための医療保険です。
例えば、女性特有の病気による入院時には日額15,000円が支払われます。
女性特有の病気だけでなく、その他の病気やケガにも備えることができ、入院時には日額10,000円が支払われます。

 

 

最大の特徴は、3年ごとに生存給付金が支払われることです。
金額は150,000円。
とても大きな金額ですよね。
生存給付金は入院すると、受け取れないタイプが多いのですが、
このフェミニーヌは入院の有無に関係なく生存給付金を受け取ることができます。

 

 

また、先進医療を受けた場合には、先進医療給付金が支払われます。
先進医療とは、厚生労働大臣が認定した最新の医療技術のことです。
通常、医療費には公的医療保険が適用されますが、先進医療の技術料は適用されません。
その技術料は200万〜300万円と高額なことから、費用を気にすることなく治療できるよう、備えておきたい保障のひとつです。
死亡保障も付いているので、万が一の時の家族への保障も準備することができます。

 

 

フェミニーヌは貯蓄性が高いので、万が一に備えながらお金も貯めたいという方、
女性特有の病気やがんへの保障を手厚くしたい方、入院の有無に関係なく生存給付金をもらいたい方に向いています。
女性は結婚、出産、子育てなどライフステージが変化しやすいですが、
フェミニーヌはどのライフステージでも保障を手厚く準備することができます。

 

フェミニーヌの詳細・資料請求

女性限定 子宮筋腫など女性特有の病気を重点保障する保険

 

 

 

独身女性 保険料の相場 独身女性に必要な保険の種類 無料資料請求 保険の無料相談